1. 桟敷席チケットについて |
  2. 大曲商工会議所 |
  3. 注意事項 |
  4. 宿泊情報 |
  5. 交通アクセス情報

花火競技大会の種目

全国花火競技大会は、昼花火の部では五号玉五発、夜花火の部では十号玉(尺玉)二発と創造花火によって、参加28社の花火師によりその技が競われます。

■昼花火の部

昼花火の競技は、全国でも大曲の花火だけとなりました。昼花火は雅趣に富んだ見応えのある花火で、昔から花火通の粋人が好む花火でした。 煙竜(煙物)や割物で競技を行います。煙竜(煙物)は夜の光の代わりに色煙(紅・黄・青・緑・紫など)を駆使して色彩豊かに空に模様を描き出すものです。この花火のポイントは模様の多様化と色彩を鮮明に描き出すことにあります。 割物は夜の割物花火と全く同じ手法で、光の代わりに色煙で牡丹や菊をあらわすもので、夜の割物花火と同じように非常に手の込んだ技術的にも高度なものです。この花火のポイントは、花火の形と鮮明な色彩にあります。

■10号玉の部

10号玉2発のうち一発目の玉は「芯入割物の部」(芯入割物で三重芯以上とする伝統花火)とし、二発目は「自由玉の部」(一発目と重複しない自由創造的なもの)とし、総合点で評価をします。課題玉は四重に開く「三重芯」、五重に開く「四重芯」、最近では6重に開く「五重芯」等も出てきています。自由玉は「千輪」「冠菊」「小割模様」等があります。 それぞれに開く花火は、より精巧に「整」を追求し完璧な調和美を描き、世界一華麗な芸術美を作ります。まさに、技術伝統を誇る究極の花火列伝となっております。

■創造花火の部

創造花火とは、創造の名のごとく従来の丸型の概念を破った花火。 昭和39年(1964年)の大曲全国花火競技大会から全国で初めてとり入れられた花火で、秋田県大仙市が創造花火の発祥地です。元大会委員長の故佐藤勲氏の考案により、打ち上げ花火にテーマをもうけて形態・色彩・リズム感・立体感など、花火師の創造性を追求したものです。

■内閣総理大臣賞

夜花火の部において、創造花火・10号玉2発を総合的に審査した結果、最も優秀と認められる花火を作った花火師に贈られる最高の栄誉です。

内閣総理大臣賞 歴代受賞者
第84回(株)山崎煙火製造所茨城県第79回野村花火工業(株)茨城県
第83回(株)北日本花火興業秋田県第78回野村花火工業(株)茨城県
第82回野村花火工業(株)茨城県第77回(株)磯谷煙火店愛知県
第81回野村花火工業(株)茨城県第76回(株)北日本花火興業秋田県
第80回(株)紅屋青木煙火店長野県第75回(株)磯谷煙火店愛知県